ぬるま湯の日記

思春期になってる

学部就職

僕の場合、学部就職をするべきだと思うから、しようと考えている。

でも、僕は今までTwitterとかブログ等で、自分が学部就職をしたい旨をあんまり言ってこなかった。

それは多分、色んな理由はあるんだろうけど、最たるものは上手く行かなかった時に恥ずかしいからなのと、行動しない自分を嫌悪する機会が増えるからだと思う。

 

学部就職をするとなったら、すぐ行動するべき事が多い。

やろうと思えば、学部就職をした先輩に話を聞かせてもらう機会を作る、受ける企業を調べる、インターンを探す、ESの準備しておく、自己分析、筆記テストの対策、面接の練習、OB訪問の為に動く、実務経験アピールの為にバイトをしてみる、TOEICの勉強を始める・・・などなどなんでも出来てしまう。


でも、考えるだけでめんどくさいし、やるとなったらもう最高にめんどくさい。


適当な時間に寝て起きて一日中アニメゲームアニソン三昧の生活から、パッと行動に移すのはかなりしんどい。

しかし何分今の僕は、非常に暇だ。(ここで言う暇は選択肢過多の暇だ)

単位も殆ど取り終えて、時間の余裕と心の余裕は人生でもかつて無いほどある。行動するなら間違いなく今だ。


残念ながら、就職は多分、すごい大事だ。なんなら大学受験より大事なんじゃないかと思う。真剣にやれば真剣にやらなかった場合の、倍からそれ以上の貯金速度になれるような気がする。もしかして人生で一番大事な時期なんじゃないかとも思う。

大学受験より大事なら、大学受験より真剣になった方が効率は良いのに、なかなかそうはなれない。恥ずかしい話だ。

 

ブログに書いた以上、流石に今までより行動するだろうし、真剣になれると思う。真剣になった僕は、多分かっこいい。がんばるぞ。

 

このブログは発破、起爆剤は読んでくれたあなただ。