ぬるま湯の日記

思春期になってる

勇気と抱擁

 少し前に僕はyoutubeで生配信でもしようと思ったのです。したい、と確かに思いました。

 

 どうしてだろうと考えはじめたけれど、これだなぁと納得できるような答えは出ません。

 1つ、そう至る原因は、直近であまり人と会っていなかった事があります。

 僕は人と話すと、人と話す時の僕はこうであるというキャラクターが、どんどんと表に出ていくのを強く感じます。そのキャラクターのような考え方を僕は一人の時にあまりしないので、ズレが大きくってすごく驚きます。会話が終わってしばらくすれば

(いかにも僕はあのキャラクターで会話をしていた!)

と、本当によくそう思うのです。

 このキャラクターというのは、僕を知る人は分かりましょうが、ろくなもんではない。

 一言で、すごく普通な感じ、です。恐らく。

 いやいやこんな言い方をすると反感も出てきてしまいます。これまでにこの”普通”だと思っていた振る舞いで何度も痛い目を見てきて、何度も反省をさせられたからこんな事を言ってはいけません。迷惑をかけてきた人に申し訳なく思わなければいけない。でも、でもね。

 僕の中では、多めに見積もって、結構アスペが出るけど普通な感じ、ぐらいで会話ができてるのだと思います。

 この時の僕、キャラクターで話している時の僕が、一人で考えている時の僕に一番影響を与えるのは、間違いなく「恥」であります。一人で考えている僕が、キャラクターに寄っていってしまう、これはマーケティングでよく聞く一貫性の原理でしょう。

 

 人との会話だと、僕はよく人を(悪い意味でも)茶化すし、茶化される人の話もいっぱい聞く。そうなると僕は、あんまり恥ずかしいことは、茶化されることはしないようにと、そういうふうにきっとなるんですなぁ。

 だからもし生主じみた事をするのなら(話題にのぼれば)茶化されるのは確かであって、やったら後が怖いと思ってしない。そして今のように人と会う機会が少ないと、その怖さがそんなに大きくなくって、やってみようという心が大きくなるわけだ。分かりやすいですね。

 

 少し話は変わって。

 勇気とは何なんだろうと最近よく考えます。僕がyoutubeで生配信するのは勇気なんでしょうか。もしもやりたいのに出来ないとしたら、それは勇気が無いのでしょうか。それとも勇気とはまた別の、幼児性の強い未熟な感情なのか。

 例えばスクランブル交差点で裸になりたいと思ったとして、行動に移すのは勇気でしょうか。全裸になりたいと思う欲までを恥ずかしいと思うのは別として、じゃあもしその欲をすべての人に与えてみて、誰かが実際に裸になれたら、その人は勇気があるのでしょうか。

 それはゲームでよく見る、巨大な火を吹くドラゴンに立ち向かえるあの勇者の勇気。それは現代では、確率の低い挑戦に人生をかける夢追い人。アニメの見すぎでしょうか、僕は彼らのその”勇気”に、すっかり惹かれるように育ってしまいました。

 承認欲求と自己顕示欲がでかい、という性質は、善悪なんてもちろん無いにしろ、恥かしいと多くの人が思う気持ちです。それは間違いのない確固たる事実であります。僕はそれらの欲が人より大きいのでしょう。(実はそんなに大きいわけでも無いのではないかと思うのですが、そんな事を言ったら保険みたいになってしまいますね)

 

 しかしけれどもねぇ、こうも思うのです。

 勇気が無いって事が、なにより自分に恥ずかしい。これは承認欲求と自己顕示欲がでかい事よりも、きっとずっと恥ずべき性質だと私は考えます。もしもそこに大きめの承認欲求と自己顕示欲があったのなら、その恥ずかしさを越えて実行に移せないと、それはそれで怖いでしょう。そんな事もできんようじゃあ、大切な場面に足が出ないのが見え透いてしまうのです。

 いざドラゴンが出てきたのなら、私はなんとか剣と盾で向き合う人間なのだと、証明をしたくって仕方が無いのかもしれません。僕は子供の頃からずっと、ゲームっ子でしたから。

 

 またまたまたまた話は変わって。ポエムというか、感覚を共有したいのです。

 僕は今ド貧乏なアパートに住んでいるわけです。めちゃめちゃ狭い、閉塞的な六畳間に、なんとか布団と机と椅子の置き場があります。かろうじてインターネットには質の良い回線がつながっているわけですよ。

 きっとこの部屋で友達とワイワイなんてしません。椅子も一個しか無いし、座布団も持っていません。彼女が来てイチャイチャなんてもちろん、この部屋での生活を100回繰り返したって起こりえない事象であります。

 できることと言えば、ちっちゃな画面でアニメを見たりゲームをしたり。(これはこれで大変素敵ですね)

 そんな日常においてですよ、マイクに向かってボソボソと話してみれば、もしかしたら世界の誰ぞ聞いているのか分からんわけですよ。もしかしたら地球の裏側と、このボロクーラーでカビ臭い部屋が、空間を越えてつながるかもしれないのですよ。

 いやいやいやもっとすごいことになるのかもしれません。例えば地球の裏側なんて確かめようが無いし、その風景を見に行くことなんて無いんですから、実は本当に無いのかもしれません。光ファイバーを通るゼロとイチがどんな嘘でごまかされたって僕らは分かりませんから、むしろ常に騙されてるんじゃあ無いかと想像してしまいます。なんらかの超常的な力で、もしかしたらパラレルワールドの、この世に存在しない誰かとつながることすら可能なんじゃないかとか、僕は本気で信じる事が出来ます。メルヘンですから。

 あるいはそう、少し現実的な話では、録画としてインターネットの海に残ってしまえば、数千年後の誰かが、気まぐれで過去のくだらねぇ雑談を掘り返して、偶然僕の語り口にシンパシーを覚えて、一瞬でも友として僕を暖かく抱擁してくれることだってあるかもしれません。

 それはまるで、大海原に心の内を書いたメッセージボトルを放り投げるような――